税理士試験

税理士試験の情報サイト

税理士試験DB
 税理士試験DBは、税理士の資格及び試験内容をはじめ、受験資格、学習方法、試験開催地、免除制度、対策講座、試験問題集など試験においての知識、仕事内容、雇用形態などの情報サイトです。
 
 

 

 
税理士試験DB

税理士の試験情報サイト税理士試験DB

税理士について

税理士とは?

 税理士とは、税金のプロフェッショナルです。そもそも納税は国民の義務でありますし、税金は私たちの生活と切っても切れない関係にあります。普段の個人の暮らしの中でも、さまざまな物が課税対象となっているのですが、法人ともなると、さらにいろいろな税の種類が増え、その処理も大変複雑になるのです。

 そのような税務処理を専門に扱うのが税理士です。依頼人に代わって、この複雑な税務処理を一手に引き受けるのです。

 税理士の主な業務は、次の3つとなります。「税務相談」「税務代理業務」「税務書類作成」です。この3つは、税理士でないと請け負うことが出来ないものですので、独占業務と呼ばれています。この3つの独占業務については、税理士の資格を持ち、税理士会に登録した人以外が行うと、税理士法違反という違法行為となり、行政処分の対象になります。この独占業務ですが、具体的な業務内容は次の通りです。

 「税務相談」これは読んで字のごとく、税務に関する相談を依頼者から受けることです。相談内容は、税金の計算方法であったり、税務の手続き上の質問であったりと、税金関連の全てが対象になります。

 「税務代理業務」とは、税務署への申請や申告など、それ自体を代行する業務のことです。

 「税務書類作成」とは、税務署への申請書類などを作成を代行する業務です。

 ただでさえ煩雑な税務処理ですが、頻繁に法改正などがおこなわれますので、専門知識のない人にとっては、申告は大変な労力を要しますが、これらを代行しスムーズに処理するのが税理士の役目でもあります。

 

税理士を目指す

 税理士になる為には、試験に通るといった一般的な物がまず挙げられますが、実は以下の3つの方法があります。

1)税理士試験に合格する
税理士試験とは、国税庁の税理士審査会によって毎年1回実施される国家試験の事です。税理士試験の特徴としては、「受験科目を自分で選択することが出来る」「一度合格した科目は一生有効」というものがあります。試験自体は、11科目の受験科目がありますが、税理士の資格取得の為には、この中の5科目に合格することが必要となります。大学院で、会計や財政などを専攻し、学位を取得した人については一部の科目が免除される、ということもあります。

2)税務関連の役所に一定期間勤務する
税務関連の役所とは、すなわち税務署のことです。税務署に勤務を続けながら税理士の勉強をし、国家試験に合格するというパターンです。勤務内容によって異なりますが、税務署に10年〜15年勤務することで、税理士試験科目のうち、税法科目のみが免除されます。また、一定の条件を満たして23年間勤務すれば、税法科目のみならず、会計科目(簿記・財務諸表)の試験も免除になり、指定研修を終了すれば、税理士の資格を取得することができるようになります。

3)公認会計士または弁護士の資格を取得する
公認会計士と弁護士については、税理士会に登録、入会することにより、税理士業務を行なうことができます。これは公認会計士、または弁護士になるために試験には、税理士試験と同じく非常に難関な事で知られていますし、試験範囲の考え方も会計や法律の勉強が、税理士としての知識にも通用するとして、このような処遇が取られています。

 

税理士の職業としての歴史

 税理士の業務が職業として成り立ったのはいつの事かご存知でしょうか。

 江戸幕府末期から明治維新を経て、明治新政府の誕生といった時期の近代日本は、歴史的にみて大変大きな転換期でした。現在の私たちの生活の中に息づいている多くの物が、この時期に誕生し、あるいは大きく変貌をとげました。もちろんこの明治維新が税理士の歴史を語る上でも、大変大きな基点となりました。

 大政奉還によって江戸幕府が終焉を迎え、天皇を中心とした明治新政府が政権を手に入れます。その後まもなく政府は、旧体制を変革する手段として、廃藩置県、および士農工商の身分制度の廃止を実施したのは、皆様ご承知の通りです。

 しかし、この過程で税制の変革だけは後手に回っており、大変混乱していました。その一方で廃藩置県による、各藩の負債を明治政府が肩代わりする形となったため、政府の財政事情はひっ迫し、税制の改革が急務となっていたのです。

 こうした中、維新の6年後の1873年、税制条例である、「地租改正」が公布されます。これによって、収穫量によって地価が決まり、それを課税基準として土地所有者が納税の義務を負う事になりました。これは農業従事者に対しての国税ですが、その後の1887年制定の所得税、1897年制定の営業税などで商工業者からも税収を得られることになりました。

 この混乱の中、当時の商工業者が納税に対し、無関心なはずはありませんから、退職した税務官吏や、税金・会計に明るい者に、納税の相談をしたり、申告の代理を依頼する事が増えてきたのです。その彼らが現在の税理士のルーツになったと考えられています。

 

税理士と会計士の違い

 わたしたちがよく耳にする、「税理士」と「会計士」という職業ですが、同じような職種というイメージはありますが、実はまったく違う仕事なのです。では、それぞれどういった職業なのでしょうか。そもそも何が違うのでしょうか。

 簡単に言うと、「会計士」は「財務・会計全般」を業務として扱うのに対し、「税理士」は「税務処理」のみです。

 一般的に「会計士」というと、暗黙的に「公認会計士」のことを指します。公認会計士とは、公認会計士法という法律で定められた、国家資格である公認会計士試験をパスした人が持てる資格です。公認会計士試験に通れば、自動的に税理士の資格も取ることができ、税理士会に登録をすれば、税理士として独占業務を請け負う事(弁護士も、税理士試験を受けなくても税務処理を請け負う事は可能)ができます。

 おおまかな業務の違いは、会計士の場合は中小〜大企業が顧客です。株式会社の場合、株主総会で決算書が公開されますが、その決算書がきちんとした決まりにのっとって、正しく作成されているかをチェックするのが会計監査です。

 会計士と税理士の、特に大きな違いというのはこの「会計監査」でしょう。

 つまり、会計士は「独立の第三者の立場から、投資家の為に、企業が作成した財務諸表等を、会計基準に従って、適正に表示されていることをチェックする。」のに対して、税理士の場合、「企業の代理人としての立場から、企業の為に、税務申告書を、税法に従って、税理士自ら作る。」

 会計監査とは、誤解を恐れずに言うなれば「企業の成績チェック」の事です。ある一定以上の株式会社となると、この会計監査は義務付けられています。

 この義務を負うのは、株式公開企業(金融商品取引法監査)、および資本金が5億円以上、または負債総額が200億円以上となる大規模な株式会社(会社法監査)のみです。
こうした大企業が相手ですので、個人の公認会計士がこなせる業務ではなく、監査業務は多数の公認会計士から組織されている監査法人が行うことがほとんどです。

 大企業の決算書に記されている数値は「その企業の通信簿」であるばかりでなく、「資本主義社会全体の羅針盤」であるとも言えます。大企業の成長、衰退を判別する事は、資本主義社会全体を健全に発展させる為に必要な「行動指針」となります。

 一部の税理士が「監査」と称して、税務関与先の帳簿や領収書をチェックする事があります。これは、いわゆる税金対策のためのチェックであって、法定されている公認会計士による会計監査とはまったく別の性質のものです。

 また、余談ですが「計理士」という言い方をする人もいます。これは実際に昭和初期に制定された公認会計士制度の前身で、第二次世界大戦が終わり昭和23年に公認会計士制度が発足すると同時に、計理士制度は廃止となりました。しかし、制度が廃止となった後も名称の使用と業務の継続は認められることとなりました。なお、現在では計理士と称する人は極めて高齢で、現役で業務を行う者はごく少数と思われます。

 

資格・試験のサイト一覧

税理士

日本税理士会連合会
日税連。税理士や税理士会の事業を紹介。「やさしい税金教室」、電子申告・電子認証、中小企業会計指針、税務手帳などのご案内。
日本税務研究センター
日本税務研究センターは、税理士、研究者、実務家をはじめ、広く一般に向け、税務に関するあらゆる情報を提供しております。
日本税理士協同組合連合会
税理士組合の中央組織。会員向けwebサービスの紹介。

資格総合

資格ナビ
国家資格、公的資格、民間資格、採用資格など資格一覧の情報サイト。資格別に試験日程、受験資格、試験内容、試験開催地、申込期間、問い合わせ先など紹介。

資格情報

弁護士試験DB
弁護士試験DBは、弁護士資格の試験内容などの資格試験情報サイトです。
司法書士試験DB
司法書士試験DBは、司法書士資格の試験内容などの資格試験情報サイトです。
税理士試験DB
税理士試験DBは、税理士資格の試験内容などの資格試験情報サイトです。
行政書士試験DB
行政書士試験DBは、行政書士資格の試験内容などの資格試験情報サイトです。
弁理士試験DB
弁理士試験DBは、弁理士資格の試験内容などの資格試験情報サイトです。
宅建試験DB
宅建試験DBは、宅建(宅地建物取引主任者)資格の試験内容などの資格試験情報サイトです。
介護福祉士ナビ
介護福祉士ナビは、介護福祉士の資格内容をはじめ、試験の知識、奨学金制度、学習方法、免除制度、仕事内容、働く場所、雇用形態、職場 などの情報サイトです。

事務所検索サイト

税理士DB
全国の税理士事務所と会計事務所の検索サイト。市町村別に一覧化し、税理士事務所の基本情報をはじめ、特徴・特色、取扱案件、対応業種、会計ソフト、税理士数、代表税理士のコメントなどの情報。
弁護士DB
全国各地にある弁護士の検索サイト。弁護士事務所・法律事務所を市町村別に一覧化しておりますので、法律相談できる最寄の弁護士を検索可能です。
司法書士DB
全国各地にある司法書士の検索サイト。司法書士事務所を市町村別に一覧化しているのでお住まいの地域に合わせて最寄の司法書士を検索可能です。
 
 
 

資格の大原 税理士講座 

 

税理士試験メニュー

税理士になる

税理士の魅力とメリット
税理士資格者の就職先
税理士の収入

税理士試験

試験概要
受験資格
試験科目

税理士として働く

独立開業
税理士事務所
国際税務
企業内税理士
コンサルタント
 

ネットスクール【日商簿記や税理士、宅建等の資格書籍・WEB講座の販売プログラム】 

 

資格ナビ

 
 

 

 
税理士試験DBについて
・税理士試験DBは、税理士の提供を目的としています。税理士のご利用及び比較等はご利用者自身の判断でお願い致します。
・掲載されている情報については万全を期しておりますが、サイト内情報及び結果に対しての責任は負いかねます。

ZETTA SEGMENT

税理士試験DB

税理士試験DBは、税理士の資格及び試験内容をはじめ、受験資格、学習方法、試験開催地、免除制度、対策講座、試験問題集など試験においての知識、仕事内容、雇用形態などの情報サイトです。
運営組織概要 免責事項 リンク
 
 

Copyright (C) 2012-2014 税理士試験DB All rights reserved.